他院で抜歯と言われた

他院で「抜歯」と診断される歯でも、残せるケースがあります。

他院で「抜歯」と診断される歯でも、残せるケースがあります。

固いものを噛んだり、歯ぎしりのくせがある方は、(銀歯を入れていると特に)歯に負担がかかって歯の根っこ(歯根)が割れてしまうことがあります。歯の根が割れると、ほとんどの医院では「抜歯」しますが、実は、歯を抜かずに残せるケースも結構あるのです。

先日、右下の奥の歯ぐきが腫れたKさん(50代女性)が来院されました。
お口の中を精査しますと、神経を取った歯に保険金属の土台が入っていて、硬すぎる金属に歯が負けて、2本ある歯の根のうち1本が割れていました。

しかし、残る1本の根は無事で、まだ十分に長持ちしそうでした。そのため、抜歯せずに、残っている1本の歯根を使って『歯を残す治療』を行いました。歯になじみの良い土台、ファイバーコアと、オールセラミックのかぶせ物で歯を修復しました。

他院で「抜歯」と診断される歯でも、残せるケースがあります。

抜歯になれば、インプラントか、両隣の健康な歯を削ってブリッジを入れることになります。また、インプラント関連の書籍を読みますと、まだ残せそうな歯も安易に抜歯し、インプラントにしている症例を時々見かけることもあります。インプラントは、歯が抜けた所を補う優良な治療法ですが、それでも、自分の歯に優るものではありません。抜歯は最終手段であり、その前に歯を残す最大限の努力が必要です。

Kさんは、「抜歯を覚悟していましたが、歯を残せて本当に嬉しいです。」
と喜んでくださいました。br /> これからも気を引き締め、できるだけ歯を抜かない、残す治療を行なって参ります。
他院で「抜歯」と診断を受けた方、歯ぐきに腫れがある方、その他気になることがある方、お気軽にご相談ください!

C4(残根状態)の歯も抜歯せず残せる可能性があります!

ごはんを食べると、食べ物が歯の間にはさまってしまう方は多いと思います。
その原因の一つが、『虫歯によるすき間』です。

先日、「奥歯に食べ物がよくはさまるんです。」と60歳代の男性Kさんが来院されました。お口の中を診ますと、奥歯に、以前他の医院で入れてもらった銀歯が入っていて、その銀歯と歯ぐきの境目から大きくむし歯が広がって隙間ができていました。
そこに食べ物がはさまるようになってしまっていたのです。

今回来院されたKさんは、右上の一番奥の歯と奥から2番目の歯が大きな虫歯で「C4」と呼ばれる残根:ざんこん(歯の部分がほとんどなくなり、根っこだけが残っている)状態になっていました。歯科の教科書では、「C4(残根)は抜歯」ということになっています。
Kさんのような状態の場合は、ほとんどの歯医者さんが、奥歯を2本とも抜歯すると思います

他院で「抜歯」と診断される歯でも、残せるケースがあります。

当院は、極力天然歯を残す「MI(エムアイ)治療」を行なっています。
奥から2本目の歯は残念ながら残すことができませんでしたが、一番奥の歯は、相当ひどいむし歯ではありましたが、歯根が長く健康でしっかりとしていたので、抜歯せずに何とか残してブリッジの支台として機能させる選択をしました。
もし一番奥の歯も抜歯になると、非常に使いづらい入れ歯か、インプラントを入れることになります。かなり難度の高い治療でしたが、幸い一番奥の歯を残してブリッジにすることができ、患者さんにも、「一番奥の歯を抜かずに済んで、本当に良かったです。食べ物がはさまらず、快適に食べられます。」と、大変喜んでいただきました。

インプラントも良い治療法ではありますが、やはり自分の歯に勝るものはありません。本気で歯を残そう!と思えば、治療法が「見えて」きます。歯を残す努力には、私もやりがいを感じます。一般には抜歯となるC4(残根状態)であっても、状況によってはあきらめずに粘り強く治療すれば、残せる歯もあります。
他院で抜歯をすすめられた方や、気になる症状やお悩みがある方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

患者様の声

お知らせ

歯のお悩みQ&A